<< 【ボリビア料理】プラト・パセーニョ Plato Paceño | MAIN | 米州開発銀行、ボリビアの生物多様性保全に1400万ドル承認 >>

【南米ボリビア紀行2010】オルロのカーニバル2

おそらく世間一般で有名な「オルロのカーニバル」は、週末の土曜に行われるパレードだろう。パレードの道に沿って設置された座席もその日は予約制で有料となる。道でカメラやビデオを撮るにも事前に申し込む許可証が必要なくらいだ。

オルロの目玉ともいえるディアブラーダやモレナーダが観れるのが土曜のパレード。その日一日かと思いきや、次の日の日曜も踊る順番を変え、お面を外してパレードに興じる。

個人的には「行なう」より「興じる」という日本語が正しいと思う。なぜなら、参加しているダンサーやバンドのメンバーが一番楽しんで見えたからだ。

私にとってはもはやお決まりの感すらあるが、当日パレードが始まってからVIP席に日よけをこしらえたり、ゲートに照明を取り付けたりしている様子を横目にビデオを撮った。ビデオを撮るのにどんな苦労をしたのかは割愛させていただく。

遠くから大太鼓のリズムが聞こえてきて、それがだんだんと近づくとわくわくしてきて、まさにその集団が50m先の角を曲がってその姿を表すたびに鳥肌がたつほどだ。人数といい衣装といい、そしてバンダ(ブラスバンド)の迫力ある音楽に圧倒される。

オルロ2010


オルロ2010だがしかし、間が長い。グループとグループの間がどうしようもなく長い。あとからきいたのだが、衣装がパレードの当日の朝届くそうだ。置く場所がないのが理由のひとつらしいが、なんたること…。それは遅れるに決まっている。

なんだかお祭り気分にのれるようなのれないような。きっとビデオを抱えてるからだろうなと半分あきらめて、衣装を真剣に観ることにした。

カーニバルのあと何人かのボリビア人や知り合いのアルゼンチン人にきいたのだが、今年2010年のカーニバルは例年と雰囲気が少し違ったようだ。

「なんだかわからないけど、イマイチ盛り上がれなかった」と口々に言っていた。私も同じだったのでなんだったのだろうな、と不思議に思った。

ちなみに警察に捕まった人も犯罪も非常に少なかったそうだ。それは喜ばしい限りだが、一体なんだったのだろう。

外国人から見ると用意周到ではないし、「welcome!」という雰囲気でもない。人々を惹きつけることもしてないし、毎年楽しみにやってくる外国人はいかばかりだろうか。

正直ちょっともったいない、と思う。素晴らしい文化、アートであるのには変わりないのだから。もっと魅せればいいのに。

期待が大きすぎたのか、自分のバックグラウンドがそう思わせるのかわからないが、今年のオルロのカーニバルはなんとも興味深い印象が後に残る結果となった。

ただ、改めて思ったのは、ボリビアのフォルクローレはどうしようもないくらい「センス」がいい。衣装も音楽も踊りも。国内の異文化がなせる業なのか一言では説明のしようのない、大学教授の論文を読んでもきっと納得しきれない何かがある。

それに一番気づいていないのは、もしかしたらボリビアの人々なのかもしれない。

オルロ
オルロ




ボリビア紀行2010はこれをもちまして一旦終了といたします。


official site
COMMENTS










<< NEW OLD >>