<< GW特集:ボリビアひとっとび 2.恐怖の絶壁 | MAIN | GW特集:ボリビアひとっとび 4.近代と伝統の織りなす街 >>

GW特集:ボリビアひとっとび 3.常夏の楽園


【GW特集:ボリビアひとっ跳び】
ゴールデンウィーク、旅行される方、お家でのんびりの方、そしてお仕事の方、それぞれかと思いますが、せっかくの連休期間ということで「ボリビアひとっとび」と題し、10日間に渡ってボリビア各地を紹介したいと思います。

この特集ではあえて観光地としてお馴染みの「ラパス以外の地」を主にあちこちご紹介いたします。短期間では行くのが難しいボリビアですが、ほんのひと時想いを馳せていただければ幸いです。



常夏の楽園、コロイコ

ラパス市街からバスで下ること約90km、そこに常夏の楽園コロイコはあります。

欧米の観光客やボリビア人には長年親しまれている人気スポットです。

コロイコはユンガス地域に属し、標高1500m前後に位置する亜熱帯地帯です。

山肌を森林の緑がおおい、フルーツもたくさんなっています。

また、この地は植民地時代にアフリカから強制連行されてきた黒人たちの末裔が多く住んでいます。

コロイコ事態は小さな村ですが、散策コースやトレッキングコースなどが充実し、自然の中で戯れながら心身ともに癒すのに絶好の場所であるといえます。




 町の中心部もすっかり南国の雰囲気です




official site
COMMENTS










<< NEW OLD >>